鍵盤でリハビリ

片麻痺でリハビリ中です。手はピアノをさわるのが一番のリハビリ。

溺れる~

こんにちは。

 

昨日は師匠宅のピアノで練習をしました。練習だけでレッスンは受けない予定でしたが、漏れ聴こえる音にむずむずした師匠が「あのさ、ここなんだけどね。」と乱入。結局ご夫婦で聴いてくださり、たくさんの示唆をいただきました。

 

最近K先生も師匠も多くの助言をくださるのでインプットが多く、溺死しそうです。教わったことを咀嚼→整理→表現したいけど咀嚼や整理が間に合わなくなってきました。

 

昨日1つ褒められたのは「毎回表現を変えてきていること」。これからもできるかしら。どうにか追い付いて表現の引き出しを増やさないと。もうアップアップです。

 

 

 

 

あられもない音

こんにちは。

 

良いお天気ですがまだまだ寒いですね。

 

今日は師匠宅のピアノで練習をしてきます。

 

新しく、きっちり調律され、けん盤が重く私にはあまり音が出せないピアノ教室のピアノとは全く違っていて。

かなり古く、調律してもすぐにズレて、けん盤は軽いけど、私が弾くとあられもない音が出てしまうピアノです。

 

要するにまだ自分の指のコントロールが出来ていないだけなのですが。

 

ピアノ教室のピアノををきちんと鳴らせて、師匠宅のピアノできれいな音が出せるようにならないと。

 

がんばります。

ショパンもびっくり

こんにちは。

 

ミーハーなので、今日は将棋とフィギュアスケートの両方にドキドキして、勝手に疲労しました。

 

バラードの1番がこんな風に編集されて競技に使われるなんてショパンもビックリでしょうね。「羽生選手のあれ弾きたい」という人も増えそうです。

 

リハビリから帰るなりTVに夢中で、今日はクラビノーバでの練習もこれからです。サボるとすぐ弾けなくなるので、今日もうんざりするほど繰り返し練習します。

 

 

 

 

 

 

パンクしそう

こんにちは。

 

羽生選手、強いですね。「練習通りにできた、できなかった」というコメントはフィギュアの演技後によく聞きますが、羽生選手は以前 「練習通りの演技だったらそれは練習、本番ではない」という主旨の発言をしていて。とても感銘を受けたものです。

 

 昨日はK先生のレッスン。

 

ショパンソナタ。「この人大丈夫?」と思われるほど苦手なところだけ繰り返す練習は正解みたい。とはいえ急に巧く弾けたわけではなく、「弾けるようになりそう」という手応えを感じているだけです。まだまだ練習が足りません。気長に頑張ります。

 

イタリア協奏曲はもう少し弾き慣れて柔らかさと軽さを出すようにとのこと。2、3楽章の譜読みもすることになりました。

 

今週末はピアノを弾きにいきます。ピアノとクラビノーバをうまく使い分けて練習していきたいです。

 

リハビリ関係で予定が増えて頭がパンクしそうです。復職を諦めてはいないのでこれも頑張らないといけません。毎日なかなか大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な視線

こんにちは。

 

40代の私。杖をついて下手くそに歩くと妙に視線を感じることがあります。

 

振り返ってまでじーーっと見てくるのは幼児期の子ども達。そりゃ気になるよね。杖持ってみたいのかな?これはむしろ微笑ましい。

 

「ふんっ」という感じの険しい顔でじろじろ見てから目をそらすのは少し年上の女性に多い印象。何か気に障るのでしょうか…。

 

「寒いわね」とか「ここ、歩きづらいね」とか「どうした?」とか声をかけて下さるのは歩くペースも近い人生の大先輩方。

 

まぁ色々です。自意識過剰な部分もあるのでしょう。もう少し自信をもってきれいに歩けるように訓練しないといけませんね。

 

今日はK先生のレッスン。昨日からの風邪気味は喉が少し痛い他は無症状。先生にうつってはいけないので念のためマスクをつけて行ってきます。

 

繰り返し練習したところ。少しはうまく弾けるだろうか。

この人大丈夫?な練習

こんにちは。

 

日が長くなってきました。少し気温も上がってきたでしょうか。

 

この冬は風邪もインフルエンザももらわず優秀…と思っていたら風邪をひいたかも。気のせいだと良いのですが。

 

クラビノーバはサボらず触りました。聴いている人がいたら「この人大丈夫か?」と思われるくらい同じところをずーっと繰り返して練習しています。

 

秋にコルトー版の楽譜と出会って気付いたのは、自分の限界を自分で決めたらそこで終わりということ。最近忘れていたかもしれません。今できる範囲でまとめようとしていました。それも大切だけどまだ時間もあるし、もう少し悪あがきしようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

簡単なところほど難しい

こんにちは

 

誕生日が近いので、先日お寿司屋さんへ。


f:id:okuokusama:20180211180441j:image

 

こちらはサプライズで作ってくださったミニサイズのお寿司。かわいいのはもちろん味も最高。「スゴ~い!」などと言いながら手が止まらず、すぐに食べ終わってしまった。とても心に残るお食事でした。

 

さて、ソナタの練習、難しいパッセージはむきになって繰り返しています。何十回と繰り返せば少し良くはなるものですね。ただ、簡単なのにうまく弾けない部分が本当に悩ましい。どう練習すれば良いのだろう。

 

今週もK先生のレッスンがあります。先週指摘された箇所を少しでも改善してレッスンに臨みたい。できるかなぁ…。